インターネットFAX情報サイト

インターネットFAXのメリットやデメリットについて

インターネットFAXの画質は良い?悪い?

   

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88fax%e3%81%ae%e7%94%bb%e8%b3%aa%e3%81%af%e8%89%af%e3%81%84%ef%bc%9f%e6%82%aa%e3%81%84%ef%bc%9f

インターネットFAXの画質は良いの?悪いの?

インターネットFAXで送られてくるデータの画質が良いのか悪いのか疑問を抱えている方は少なくありません。

確かに、メールで送受信ができる利便性の高いサービスだとしても、画質が悪ければビジネスで使うのは難しいはずです。

  • 受信されたFAXの画質が悪くて見にくく、相手に電話で尋ねなければならない部分があった
  • 送信したFAXの画質が粗くて取引先や顧客からクレームが来てしまった

このようなトラブルを引き起こさないためにも、画質が綺麗かどうかは重要なのではないでしょうか。

結論から言えば大手のサービスを利用すれば著しく画質が粗くなることはありませんし、ビジネスでもプライベートでも特に支障はありません。

そこで、3つの方法で送られてきたデータがどのくらいの見栄えなのか比較してみました。

  • 大手サービスのeFaxから申し込みした際に送られてくるPDFデータ⇒文字も画像もクッキリと見える
  • eFaxから送信してeFaxで受信した時のデータ⇒文字が少し切れる部分があるものの特に問題はない
  • BizFAX ストレージ&リモートで受信するデータ⇒小さな文字ほど潰れて見えなくなる

BizFAX ストレージ&リモートでは画質が劣るのに対して、eFaxは鮮明だったので不便さを感じずにインターネットFAXを取り入れられます。

送受信で扱うデータによって異なるので一概には言えませんが、eFaxでは機能を確かめるために30日間の無料トライアルが実施されているので有効活用してみてください。

インターネットFAXで送受信するデータの画質を良くするには?

以下ではインターネットFAXで送受信するデータの画質を少しでも良くするポイントを幾つか挙げてみました。

  • 小さな文字ほど潰れて見にくくなりやすいのでなるべく大きなフォントサイズを使う
  • ファイルのスキャンをする際に解像度の設定を変更して画像を鮮明にする

この2点を意識するだけでも綺麗なデータを送受信でき、「見えにくくて何が書かれているのか全く分からない」といったトラブルが引き起こされることはありません。

手書きでスキャンする際は文字を大きくするだけなので簡単ですし、解像度の設定もパソコンで行うことができます。

解像度とは1インチに対して入るピクセルの密度のことを指し、数値が低ければ低いほどマス目の大きさが大きくなるので角ばって粗くなるのです。

綺麗に画像が見えるようにするには解像度の数値を高くしなければならず、最低でも200X200dpi以上に設定しましょう。

 - インターネットFAXのよくある質問